大気汚染

大気汚染とは

大気汚染イメージ

大気汚染は、産業の重化学工業化や自動車等の交通機関の発達により、石炭や石油などを大量に使用することで、空気中に放出された硫黄酸化物や窒素酸化物などの有害な物質が人体や自然に大きな影響を与える環境問題の一つです。

日本でも戦後、経済の発展や交通機関の発達とともに、その影響が顕著になり(公害問題)、大気汚染防止法(1968年)等を制定して、その対策に取り組んできました。

その結果、有害物質の排出抑制や省資源、省エネルギーへの取り組みが進み、おおむね改善されてきましたが、依然として光化学スモッグなどの健康被害が報告されています。

また近年は微小粒子状物質(PM2.5)や黄砂への対策などが課題となっています。

微小粒子状物質(PM2.5)とは?

呼吸器・循環器空気中に遊している2.5μm(2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の小さな粒子のこと指します。
PM2.5は非常に小さい為、人間の肺の奥にまで到達しやすく、呼吸系や循環器系への影響により、気管支炎やぜんそく、肺がんを引き起こす可能性があると考えられています。

日本であった大気汚染の被害例

四日市ぜんそく 1960年代に三重県四日市市で発生。主に亜硫酸ガスによる大気汚染が原因で、息苦しくて、喉が痛み、激しい喘息の発作が起こり、呼吸困難から多くの方が苦しみ、健康への深刻な影響を及ぼしました。
和歌山県内の取り組み
  1. 和歌山県の光化学オキシダント(スモッグ)について
    http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/032100/kekka_taiki/ox.html 新しいウインドウで開く
  2. 和歌山県の大気環境
    http://taiki.pref.wakayama.lg.jp/ 新しいウインドウで開く
ページ上部へ
トップページ | リンク集 新しいウインドウで開く | サイトポリシー 新しいウインドウで開く | 当サイトについてご意見・ご感想をお寄せください。