水質汚濁・海洋汚染

水質汚濁・海洋汚染とは

水質汚濁・海洋汚染イメージ

人間や生物の体に有害なものが下水などから川や海へ流れこみ、水が汚れることを水質汚濁・海洋汚染といいます。

水質汚濁・海洋汚染の原因には工場や家庭から出る排水、農薬やダイオキシンなどの化学物質が、雨や地下水に含まれて川や海へ流れこむなどの慢性的な問題や、海や川にゴミや産業廃棄物が捨てられたり、船の事故などで石油が流れ出るといった一時的な問題があります。

汚染が進むと、川や海の生物が死んだり、悪臭や飲料水の汚れにつながるなど、生活環境にも悪い影響があります。

水は生命の母。一人ひとりの意識の向上はもちろん、水の恵みを分けあう地球規模での国際的な協力が必要です。

日本であった水質汚濁の被害例

水俣病 1950年代から60年代にかけて熊本県水俣湾周辺で起きたメチル水銀による中毒症。工場から水俣湾に流れた有機水銀という毒が漁貝類にたまり、その漁貝類を食べた人の多くの人がこの病気にかかり、苦しみました。今もまだ多くの人が、目が見えなくなったり、手足が麻痺したりして苦しんでいます。
イタイイタイ病 1910年代から1970年代前半にかけて富山県神通川流域で起きたカドミウムによる中毒症。上流の鉱山が流したカドミウムという金属が原因で腎臓が悪くなったり、骨がもろくなったりしました。患者さんは体じゅうが激しく痛んで、「いたい!、いたい!」と言ったところから、この名前がつけられました。長い間原因不明とされていたが1960年代に入り、その原因が究明されました。
第2水俣病 1960年代に新潟県阿賀野川流域で工場の廃液によって引き起こされたメチル水銀による中毒症。熊本県の水俣病と同じ症状が確認された為、この名前が付けられました。
和歌山県内の取り組み
  1. 和歌山県内の公共用水域及び地下水の水質測定計画及び水質調査結果
    http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/032100/kekka_suisitu/ 新しいウインドウで開く
ページ上部へ
トップページ | リンク集 新しいウインドウで開く | サイトポリシー 新しいウインドウで開く | 当サイトについてご意見・ご感想をお寄せください。