土壌汚染

土壌汚染とは

土壌汚染イメージ

土壌は、私たち人間や動植物の生育の場であり、土壌に含まれる水分や養分を吸収してその生存が成り立っています。

土壌汚染とは、土壌が人間にとって有害な物質で汚染された状態をいいます。

土壌を汚染した有害物質が雨水や地下水などに溶け出して水道水の中に入ったり、汚染された土壌で生育した農作物を通して私たちの体内に入り、健康被害を引き起こす環境問題です。

土壌汚染の原因

有害な物質の使用中に、有害物質がこぼれたり、有害物質を含む排水が漏れたり、有害な物質を含む廃棄物が不法に投棄され、雨などによって周りの土に溶けだしたりすることによって起こります。また、自然的原因で汚染されているものもあります。

都道府県等が把握した土壌汚染の調査の件数は年々増えており、土壌汚染が見つかる件数も増えています。

ページ上部へ
トップページ | リンク集 新しいウインドウで開く | サイトポリシー 新しいウインドウで開く | 当サイトについてご意見・ご感想をお寄せください。